セルフと有人で異なってくる!ガソリンスタンドの働き方

同じガソリンスタンドでも有人とセルフとでは異なる

自動車好きの人であれば、ガソリンスタンドで働くことを考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、最近はセルフのガソリンスタンドも随分と増えてきました。昔ながらの有人スタイルのガソリンスタンドとセルフスタイルのガソリンスタンドでは、働き方が大きく異なってくるようです。特にセルフのスタンドは、スタンドによって業務内容が大きく異なってくるので、色々と体験してみると良いかもしれません。しかし、どのタイプのガソリンスタンドでもアルバイトの場合の時給はあまり変わらないようです。

セルフの仕事は店舗によって様々

セルフスタンドでは、基本的には給油をお客様自身が行います。そのため、お客様の車に給油をしたり、窓を拭いたりなどの作業は少ないのが現状です。しかし、お客様の中には、車の扱いに慣れていない人もいらっしゃいます。お客様から質問を受けた時にはしっかりと応えることができるよう、車に対する知識は持っていないといけません。また、セルフスタンドの場合は、中古車販売や車検などに力を入れているところもあります。有人スタンドで働くよりも、いろいろな知識が必要になることがあるのです。

有人スタンドはこんな仕事!

今ではすっかりと少なくなってきた有人スタンド。昔ながらのスタイルで、お客様車に給油を行い、窓拭きや車内のゴミの回収などをおこなったりします。車の扱いが苦手なお客様にとっては強い味方なのです。そのため、車の扱いが苦手な人がよく常連さんとして通ってくれたりします。そんなお客様は、自動車のことについて色々と質問してくるはずです。例えば、空気圧は大丈夫だろうか、バッテリーのチェックをしたいのだけれど、など。そんな質問ししっかりと応えられるような、車に対する知識が必要です。

ガソリンスタンドでのバイトは数多く存在しています。理想的な求人を見つけたいなら、報酬やシフトなど、希望の条件を限定して調べることが大事です。