工場の仕事を考える!どんな感じ?注意点は?

まずは工場の仕事を知る

工場と聞くだけで、難しいと感じたり萎縮してしまう人は多いです。外から見ることのできない閉鎖的な空間で、大きな機械が動いている様子を目の当たりにすると圧倒されてしまう方もいます。正社員であれば、大きな機械を使いこなして円滑に工場の仕事を回さなければいけませんが、アルバイトの場合はそれを補助する仕事に限られます。製造された物の検品や梱包などの軽作業がほとんどなので、過剰に身構える必要はありません。まずは業務内容や流れを理解したいです。

スピード感は大切です

工場の仕事で大切になるのはスピード感です。食品にしろ金属にしろ、機械によって大量に作られます。それらを最終的に検品するのはやはり人間の目なので、大量の物を一瞬の判断で見極めなければいけません。不良品を見逃してそのまま梱包すると当然クレームになりますし、虫が混入した食品は全品回収など大きな事態になります。なので正確性も大切ですが、正確性ばかりに捉われているとスピード感を失うのでこの二つのバランスが重要です。

機械の動きには十分注意

工場でのアルバイトは、常に機械の近くで動くことになります。物が流れてくるコンベアーだったり、物を潰すプレスが近くにあるかもしれません。なので、それらの機械に自分の体が巻き込まれないように注意します。各企業は安全対策を十分行っていますが、それでも時々工場における怪我が発生してしまいます。服の一部分が引っかかるだけで体全体がもっていかれるので、動いている機械には近づかないようにします。人間は機械の力に勝つことができません。

工場の求人を探す時に求人情報サイトを使うと、好きな勤務地での求人を探すことが出来て、とても便利です。