転職先のひとつとして人気のある警備会社と体力の必要性

体力が必要な警備の仕事

中高年の転職先で人気がある仕事のひとつが警備員です。デスクワークをしていた人でも就職前には必要な知識はなく、多くの場合、就職してから必要な資格を取得することもできます。ただ体力は必要になるケースが多いです。例えば警備員というとビルの出入り口に立っていたり、またイベント先で人の整理をしたりすることも多いですが、通常は立ったままの状態であることが多いですし、その場合も周囲を監視しながら立っているので他のことは一切できず集中力が必要な仕事です。

体力以外にも状況判断も必要なこともある

また道路工事等で走行する自動車の整理をするためにも警備員が必要になるケースもあります。その場合もどのような天候であっても、道路工事をしている間は立って自動車の整理が必要になります。この場合も単に誘導棒を持って手を振っているだけではなく、対向車の担当警備員と無線でやり取りが必要ですし、どのタイミングで車を停車させるかという状況判断も必要になります。この作業の場合には資格が必要になるので、その知識習得も必要になります。

生活も不規則になる場合もある警備の仕事

また警備員として契約している企業の警報装置が反応した場合には現場に早急に出向く必要があります。特に夜間の場合には複数名で行動する必要がありますし、またいつそのような要請や連絡がくるかわからないために24間体制で警備会社事務所内で準備しておく必要があります。当然勤務体制もシフト制で夜勤もあるために生活のリズムが崩れやすいため、そのようなことも事前に認識しておくべきです。これらの仕事を遂行するためには体力が必要です。

警備員の求人は、全国の様々なエリアにおいて多数の求人が存在しているので、エリアや勤務時間など、様々な条件によって効率良く探せます。